指揮・音楽監督 川越 守

川越守

北海道交響楽団音楽監督。札幌出身の指揮者、作曲家。

1980年9月、北海道交響楽団の設立にあたり、団長・指揮者を務め、多彩な曲目に取り組む楽団の指揮・指導にあたっている。特に、楽員の技量が不揃いなアマチュア楽団を独特の語法で巧みにまとめ上げる力は格別で、楽員の信頼も厚い。作曲家としても精力的な活動を続けており、管弦楽曲だけでも100曲を超える。作風は北海道の風土に根ざしたものが多く、代表作として「北海の幻想」「交響三章」「交響詩"岩見沢"」等がある。また、北海道交響楽団のためにも「幻想曲"秋風"」「祝典舞曲II」「祝典序曲」(創立20周年記念)等を作曲、初演している。

84年札幌市民文化奨励賞、86年北海道文化奨励賞,2008年札幌芸術賞受賞。北海道大学交響楽団常任指揮者。

道響のご紹介に戻る道響ホームページに戻る