北海道交響楽団 - 道響(どうきょう) - のご紹介

1980年9月設立。古典から現代までの幅広いレパートリーを持つ北海道内最大級(4管編成)のアマチュアオーケストラ。団員は、主婦、北海道や札幌市などの職員、企業や病院のお勤め、北大、札幌医大などの教員や学生、小中高校教職員などで構成されており、年齢層も広い。

1981年3月に第一回演奏会を開催以来、これまでに69回のナンバー演奏会、9回のトヨタコミュニティコンサート、37回のプチコンセール(室内楽と管弦楽による無料コンサート)を開催している。これら自主公演のほか、ベートーヴェンの第九交響曲、オペラ、バレエなど、他団体との共演にも積極的に取り組み、全道各地で活発な演奏活動を続けている。

2000年11月には創立20周年を記念する事業としてアムステルダムとパリでのヨーロッパ公演を行い、地元のソリスト、合唱団と共演し、国際交流を深めた。また、創立20周年記念および25周年記念CDを製作、発売中。2002年6月には札幌のギタリスト渋谷環さんと「アランフェス協奏曲」を録音、CDとして同年12月より全国発売された。2007年にはリヨン仏独合唱団が来札,合同演奏会を開催した.2010年10月には創立30周年を記念して「トヨタコミュニティコンサートin札幌/北海道交響楽団創立30周年記念演奏会〜ワーグナー「指環」への誘い」を開催、楽劇「ニーベルング指輪」全4部作のオリジナルハイライト版を演奏し、大好評を博した.

2007年に来札、共演したリヨン仏独合唱団からの招聘を受け、2012年4月から5月にかけてフランス公演を実行し、4月30日にはパリにて2000年のパリ公演で共演したパリ仏独合唱団と、翌5月3日にはリヨンにてリヨン仏独合唱団とそれぞれ共演し、大好評を博した.

84年・86年度札幌市民芸術祭賞、94年札幌市民芸術賞、95年・99年度札幌市民芸術祭大賞、98年・01年・08年札幌市民芸術奨励賞を受賞。

指揮・音楽監督川越守

演奏曲目

2017年(37期)

2016年(36期)

1996年(16期)-2015年(35期)

15期以前

受賞歴

道響ホームページに戻る